指定信用情報機関からみるキャッシング審査通過のコツ

キャッシング審査、もう落ちたくない!

指定信用情報機関からみるキャッシング審査通過のコツ

キャッシングの審査に落ちた経験はありませんか。申し込みをして、本人の電話が繋がっているか、会社に在籍しているか確認が無かったらスコアリング点数不足で納得出来ますが、確認後であれば指定信用情報機関に何らかの不具合があったと考えられます。

指定信用情報機関の情報を把握して、キャッシング審査に通過するコツを解説します。

1.指定信用情報機関と各社の会員

日本で指定信用情報機関と呼ばれるのは、CIC、JICC、KSCの三社です。確認ですキャッシング業者各社は、大まかに言うと銀行カードローンであるならば三社全部、大手消費者金融とクレジットカード会社はCIC、JICCの二社、中小消費者金融はJICCしか入っていない所が多いです。

2.指定信用情報機関の情報の違いと情報交流

指定信用情報機関各社の情報の違いで重要なポイントだけに絞り解説します。

毎月キチンと支払日に支払われたかわかる

CICとKSCは、過去24ヶ月における約定返済がキチンと期日に行われたかの情報がわかる様になっています。JICCは小規模延滞していた債務を完済すると、支払日に払ったかはわからなくなります。

法的整理の内容がわかる

JICCには異動参考情報という項目に、『債務整理』という文字が入ります。これは自己破産手続き中や、任意整理でも表示されますので、何らかの法的整理を行っている事がわかります。

KSCは破産手続きや民事再生手続きの決定日時や官報番号が記されてますので、法的整理を行っている事がわかります。 法的整理は、JICCは5年間、KSCは10年間保存されます。

交流情報

三社の情報はCRINという機関ネットワークで交流されますが、全ての情報が交流されるわけではありません。簡単に言えば、61日もしくは3ヶ月以上の延滞情報や代位弁済の情報等、深刻な情報が交流されます。

3.キャッシング審査通過のコツ

指定信用情報機関の会員の違いと情報の違いが理解できたら、その裏を突く事が可能です。

小規模延滞をした事がある人

異動情報にならない小規模延滞(CRINで交流されないレベル)を2回すると、キチンと返済しない人だなと思われ審査に通らないと言われています。

しかし、この情報が登録されているのはCICとKSCだけです。 ということは、JICCしか会員になっていない中小消費者金融は把握しようがありませんので審査の裏を突く事が出来ます。

自己破産をした事がある人

自己破産をした事がある人はJICCに5年、KSCに10年間、CICには法的整理で契約が終わったと5年間記されます。10年間はキャッシングができないかというと、指定信用情報機関を理解すればそうではないことがわかります。

銀行カードローンはKSC会員ですから、10年間自己破産情報は把握されますが、消費者金融はCICとJICCだけです。つまり、5年間経てば消費者金融、クレジットカード会社はカード審査に理論上通過するはずです。

いかがでしたか。指定信用情報機関の特徴と、どの会社がどの会員になっているか把握して、上手く審査の裏を突いてみて下さい。

↑ PAGE TOP