キャッシングを申し込む時に気を付けると良いこと

キャッシングの申し込み方法や注意点について

キャッシングを申し込む時に気を付けると良いこと

キャッシングを利用したいと思う場合、申し込む方法は何通りかあります。昔から一般的なのは、店員さんのいる有人の店舗に行って申し込むことですが、その他にも、いわゆる無人契約機と呼ばれる機器が置かれている無人の店舗に行って申し込むことも広く見られるようになっています。

また、その他には、電話や郵送、あるいはインターネット利用することも出来るようになっています。

それぞれに特徴がありますので、自分にとって都合のいい方法で申し込めるでしょう。たとえば、面と向かって店員さんと話すのが苦手であれば、有人の店舗は避けることができますし、急いでいるならば郵送は避けたほうがいいでしょう。

このように申し込みの方法は何通りかありますが、どの方法で申し込んだとしても、基本的に同じ審査が行われます。そして、この審査の中には、本人確認と在籍確認という二つのことが含まれています。では、これらの審査に無事に通るためにはどのような準備が必要なのでしょうか。

まず、本人確認について考えましょう。これは、キャッシングを申し込んだ人の氏名や住所などの情報が、申し込み書に記入されている情報と一致しているかどうかを確認することです。そして、そのために用いられるのが、本人確認書類、と呼ばれるものです。

この本人確認書類として有効なのは、運転免許証か健康保険証、またはパスポートといった公的な身分証明書です。それで、キャッシングを申し込む時には、これらの身分証明書のうち一点を必ず用意しておきましょう。もし引っ越したなら、住所変更届けを済ませておくことも大切です。

次に、在籍確認についてはどうでしょうか。これは、キャッシングを申し込んだ人が毎月一定の収入を得ていることを確かめるために、申し込み書に記入された勤務先に電話をかけることによって行われます。

それで、アルバイトやパートタイムの勤務でも構いませんので、職場の正式名と電話番号を事前に調べておきましょう。このように聞くと、職場にキャッシングのことがバレるのではないかと不安に思われるかもしれません。

しかし、この電話は友人のふりをして個人名でかけられますし、また、キャッシングを申し込んだ人の収入について尋ねられることももちろんありませんので、安心できるでしょう。

このように、本人確認と在籍確認のために備えておくなら、キャッシングの審査に関して過度に心配する必要はないでしょう。

↑ PAGE TOP