キャッシング即日融資!上手な利用法とは

キャッシング即日融資!上手な利用法とは

急に現金が必要になってしまったけど今月は使えるお金がない、そんな時に大変力になってくれるのがキャッシングだといえます。キャッシングを利用した事のある人は年々増え続けていていますし、安定した収入があれば、最近では正社員だけではなく、アルバイトや主婦の方でも、利用できるキャッシング会社も少なくありません。

テレビを付ければキャッシングや銀行系カードローンのCMを目にする機会が多々ありますし、街を歩けばキャッシング業者のポスターやチラシなどが目に飛び込んでくることも多いです。それだけキャッシングというのは、私たちの生活の身近な存在になりつつあるのかもしれません。


良く、「キャッシングは上手に活用しよう」などというフレーズを耳にする事があります。ではこのキャッシング、どのように活用すると「上手に使う事ができた」となるのでしょうか。

そのひとつの方法として挙げられるのが、「2、3万円など、少額だけ融資してもらう方法」です。キャッシング企業によっては、少額の融資のケースでは高めの金利となっている企業もあると思います。


「少ししか借りないのに金利が高いなんて損してる」と思う方もいると思いますが、2、3万円などの少しのお金を借り入れるのであれば、返済までの時間も短くて済みますので、金利に関してはそんなに神経質にならなくても大丈夫です。

注意しなければいけないことは、融資してもらったお金を返済する時間が長くなってしまうこと、でしょう。返済が長期化してしまうと、長引いてしまった分だけ返さなければいけないお金はどんどん増えていってしまいます。


低金利だとしても返済が大変になってしまうのです。ちょこちょこキャッシングするわけではないということでしたら、「借りるときは少額だけ」と自分でルールを決めてしまって下さい。短期間で返済できれば辛くありません。

もしも大きなお金を融資してもらいたい、などのケースであれば、消費者金融ではなく、低金利の銀行系カードローンがオススメです。


カードローンという名称ですが、内容はキャッシングとほとんど差はありませんので、利用方法に迷うことはないと思います。但し、カードローンを利用する際にも審査を通る事が必要です。低金利でお金を借りることができる代わりに、審査は消費者金融よりも厳し目になっているのが特徴となります。

まとまったお金を借りるということは返済には時間がかかってしまうのは当然のことですが、その分金利に関しては冷静にチェックしてから利用するキャッシング会社を選んで下さい。お金を融資してもらうというのは重い行動となります。危険がないよう返済プランをしっかりと立て、慎重に利用していきましょう。

主婦がキャッシングする場合

現金に困った際、キャッシングを利用したいと考えている人は少なくありません。ではキャッシングを利用するには、どのような働き方をしている人であればできるのかというと、安定したお給料を毎月もらえている人、ということになります。

正社員や準社員の他にも、派遣社員でもキャッシングはできますし、お給料が安定してさえいれば、パートやアルバイトの方、自営業の方でもキャッシングをすることは可能です。 では、主婦の方というのはキャッシングできないのでしょうか。


専業で主婦業をこなされている方たちは、普段どんなに頑張っていたとしても、残念ながら「収入がない、無職」といったカテゴリに入れてしまいます。ですから一般的にはキャッシングの申し込みをすることは不可能です。

ですが、どうしてもキャッシングを利用したいという人も中に入るかもしれません。もしも主婦の方がキャッシングを利用して融資を受けたいという場合は、申し込みの際の審査は、主婦をされている本人ではなく、パートナーである旦那さまが受けることになります。


キャッシングしたい主婦の方の中には、誰にも知られたくないのに!という方もいらっしゃるかと思いますが、現在では旦那さまに知られずにキャッシングすることは難しいのです。

総量規制が開始されるよりも前の話になりますが、その当時は「守秘義務」というものがあり、たとえ旦那さまでも主婦である奥さまがキャッシングしているかどうか、を知るすべはありませんでした。


ですが総量規制が開始されてからは、主婦の方がキャッシングする際に、旦那さまの同意をもらえない場合は借り入れる事が不可能になりました。旦那さまの同意書、婚姻証明書などが、主婦がキャッシングする際には必要となります。旦那さまには秘密で借り入れたい主婦の方もいると思いますが、それはできない、ということです。

また、専業主婦の人に融資を行なう際、キャッシング会社は時間と手間が必要となってしまいます。それは審査の際にチェックする書類が多いためであったり、手続きの量が増えてしまうからです。時間も掛かりますし、コストも掛かってしまいます。


そのため、専業主婦に貸付を行うキャッシング企業はあまり多くありません。もしも、総量規制が開始されるより前から旦那さまの審査の中で融資を受けていた人は、それも停止されているはずです。ただし、総量規制の対象ではない銀行系であれば専業主婦でも申し込みができますので、消費者金融ではなく、別の方法を探すのもオススメです。

キャッシングしたお陰で自宅に帰れました

皆さんはキャッシングしたことはありますか?私は時々、本当にお給料前に困ったときなどに利用した事があります。先日もキャッシングに助けてもらいました。

私の勤めている会社は仕事のお付き合いの多い職場です。お客様と食事をしたときも経費で落とす事ができますが、残念ながらその経費は後払い、その日もお客様とのお付き合いがあるため、お財布に大目に現金を入れて出かけました。


ですが思いがけずお店一軒では終わらずに、何件かはしごをする羽目に…。気付いたら言葉通りお財布は空っぽ、予定よりお金を使ってしまっていたのです。

普段であれば帰りが終電になることはありません。終電よりも早い時間帯に切り上げ、自宅に帰っていますが、その日は忘年会シーズンでした。また次の日は休日ということもあって、遅くまでゆっくりお付き合いしてしまったのです。


その日のラストはカラオケでした。うっかり延長してしまった事で、気付けば終電はとっくに終わっている時間でした。私は実家暮らしのため通勤にはある程度時間が掛かる場所に住んでいます。またお客様の職場の近くのお店を選んでいたため、いつもより終電の終わりが早かったんですね。

お客様と別れてから、少し途方に暮れました。電車が到着するところまでは電車を利用して、この後近くの漫画喫茶を利用しようか、ということもイメージしましたが、漫画喫茶に女性の自分が一人で泊まる自信がなくて…。だいぶ飲みすぎてしまったことも気になっていたため、やはり自宅まで帰宅することにしました。


ですがこんな時に限ってお財布はほぼ空に近い状態でした。その時にひらめいたのがキャッシングです。コンビニに行き、ATMを使ってキャッシングを行いました。

無事に自宅までタクシーで帰宅し、シャワーを浴びて、ベッドに飛び込んだときの開放感は格別ですよね。疲れが一気に襲ってきて、家に帰ってきてやっぱり良かったな、と感じました。キャッシングできなかったら、狭い場所で窮屈に仮眠してたのかな?キャッシングという便利なツールがあってよかった、と心から感じました。

キャッシング審査に通らない人におすすめの対策

キャッシングの審査というのは、どの業者を選択するかによって難易度が変わってきます。ですが、難易度が高い業者に申し込んでも審査に通る人もいれば、比較的審査が優しいとされている業者でも通らない人がいるのも事実です。

そこで、実際にキャッシングの審査に申し込んでみたものの通らなかったという方のために、どうすれば審査に通りやすくなるのかチェックしてみましょう。


まず、金融機関との取引実績はできるだけキレイに保つということが大切です。 例えば、数社から借り入れをしていたとしても、全ての業者に対して滞りなく返済をしていたということであれば、それほどマイナスの扱いにはなりません。

ですが、それぞれの業者で頻繁に滞納をしているということであれば、新たな借り入れをすることは非常に難しくなってしまうでしょう。返済は絶対に延滞をしないように心がけることが大切です。どうしても延滞しなければならない状況に陥ってしまったというケースでも、一日も早く返済できるよう工面しましょう。


それから、他社借入の件数はできるだけ減らしておいたほうがいいです。 例えば、20万円を5社から借りている人と、100万円を1社から借りている人がいたとしましょう。 この場合は総額は同じく100万円なのですが、1社から借りている人のほうが断然評価が高くなります。

その理由として挙げられるのが、信用力が低い人は高額融資が受けられないということ。 つまり、5社からそれぞれ20万円ずつ借りている人というのは1社から100万円借りる信用力がない人だと判断されるのです。


そう考えると、できるだけ借り入れ件数を減らすことが大切だと言えるでしょう。理解しておきたいこととして、実は他社からの借り入れというのは、それだけでマイナスに取られることはありません。むしろ、以前に借り入れの実績があった人のほうが好評価なのです。

勤続年数の短さや他社からの借り入れ金額の多さが問題になって審査に落ちている可能性もあるので、なにが原因で審査に落ちてしまったのか自分自身でよく考え、適切な対策を取りましょう。

このページの先頭へ